海外環境・CSR通信

リパワー、米アラスカ州最大の風力発電所に風力タービン供給 RSS

2011年10月25日

リパワー製の2MW級風力タービンが設置されているイングランド北西ランカスター(Lancaster)にある出力16MWのCaton Moor風力発電所(2007年11月27日撮影)。(c)ecool.jp/REpower Systems

インドの風力タービン製造最大手スズロン・エナジー(Suzlon Energy)傘下の独リパワーシステムズ(REpower Systems)は、米アラスカ州最大の風力発電プロジェクト「エバ・クリーク(Eva Creek)」に風力タービン12基を供給する。

電力供給事業を手掛けるGolden Valley Electric Association(GVEA)がアラスカ州中部ヒーリー(Healy)近郊で開発予定のエバ・クリーク風力発電所に、2メガワット級風力タービン12基を供給する。発電所の建設開始は2012年5月。同年秋頃の稼動開始を目指している。アラスカでリパワー社製の風力タービンが採用されるのは今回が初めて。



PR情報

Google Scholar
リパワー、米アラスカ州最大の風力発電所に風力タービン供給の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ