海外環境・CSR通信

EBRD、マケドニアの水力発電所建設に6500万ユーロを融資 RSS

2011年11月14日

欧州復興開発銀行(EBRD)とマケドニア国営電力会社エレム(ELEM)による融資契約の調印式の様子(c)ecool.jp/ELEM

欧州復興開発銀行(EBRD)は、マケドニアの水力発電所建設に6500万ユーロを融資する。エネルギー供給の安全保障と品質改善、再生可能エネルギーの普及を促進するマケドニアの動きを支援するもので、プロジェクトの総投資額は1億700万ユーロ。マケドニアの国営電力会社エレム(ELEM)が4200万ユーロ、EBRDが6500万ユーロを拠出する。

マケドニアの首都スコピエ(Skopje)から西に約150キロの町、デバル(Debar)近郊に建設される水力発電所「ボスコフモスト(Boskov Most)」の設備容量は70メガワット。2016年の完成予定。年間で約9万5000トンの二酸化炭素の排出を削減すると予測され、欧州連合(EU)が掲げた2020年までに電力生産の20%を再生可能エネルギーで賄うという目標に貢献する。

マケドニアは電力需要の約4分の1を輸入に依存しており、また現在、国内での電力生産量の75%が同国南部ビトラ(Bitola)の老朽化した火力発電所によって供給されているため、今回のプロジェクトでエネルギー安全保障の強化を図る。



PR情報

Google Scholar
EBRD、マケドニアの水力発電所建設に6500万ユーロを融資の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ