海外環境・CSR通信

ガメサ、エジプトで風力タービン100基の供給契約を締結 RSS

2011年12月27日

エジプトの首都カイロから南東約200キロにガメサ(Gamesa)などの風力タービンを導入した風力発電所「ザファラーナ(Zafarana )」(2008年9月17日撮影)。(c)ecool.jp/DWIA

スペインの風力タービン製造大手ガメサ(Gamesa)は、エジプトの再生可能エネルギー庁 (New and Renewable Energy Authority、NREA)と風力タービン100基の供給契約を結んだ。エジプトの紅海沿岸のガルフ・エル・ゼイト(Gulf of El Zayt)風力発電プロジェクトに計200メガワットの風力タービンを供給する。

ドイツの復興金融公庫(KfW)、欧州投資銀行(EIB)、EUの近隣国投資ファシリティ(NIF)など複数の金融機関の支援を受けた同プロジェクトに、ガメサは出力2メガワットの風力タービン100基を供給する他、タービンの組み立て、設置、試運転、稼動と5年間の保守管理を請け負う。設置開始予定は2013年。

ガメサは2003年にエジプトの首都カイロから南東約200キロに位置するアフリカ最大級の風力発電所「ザファラーナ(Zafarana )」に風力タービンを供給して以来、エジプトで計406メガワットの風力タービンを設置してきた。また現在、4カ所の風力発電所で保守管理を担っている。



PR情報

Google Scholar
ガメサ、エジプトで風力タービン100基の供給契約を締結の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ