海外環境・CSR通信

米ウエスチングハウス、チェコの新規原発向け部品調達で覚書 RSS

2011年12月05日

チェコ中西部の南ボヘミアにあるテメリン(Temelin)原子力発電所。運転中の原子炉2基(手前)と増設・改修予定の原子炉2基(奥)(2008年8月11日撮影)。(c)ecool.jp/vejce

東芝傘下の米原子力プラント大手ウエスチングハウス(Westinghouse)は、チェコのエンジニアリンググループ、ビトコビチェ(Vitkovice)と原発関連部品の調達で覚書を交わした。チェコ中西部の南ボヘミアにあるチェコ電力(CEZ)が所有するテメリン(Temelin)原子力発電所の数十億ドル規模の拡張向けの供給に関するもの。

チェコ電力(CEZ)は、出力2000メガワットのテメリン原発に、2基の原子炉をあらたに建設する計画で、2013年に発注先を決定する。入札には、ウエスチングハウスの他、フランスのアレバ(AREVA)、ロシアのアトムストロイエクスポルト(Atomstroyexport)とチェコのシュコダ(Skoda)の連合が参加する。

覚書によりウエスチングハウスが落札した場合、ビトコビチェが新規原子炉建屋向けのパーツを含む関連部品や設備の供給を行う。


PR情報

Google Scholar
米ウエスチングハウス、チェコの新規原発向け部品調達で覚書の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ