海外環境・CSR通信

アルストムと英SSE、世界最大の波力発電プロジェクトを共同開発  RSS

2012年01月20日

AWSオーシャン・エナジー社製の出力2.5メガワットの波力発電装置「AWS-Ⅲ」(2010年6月撮影)。(c)ecool.jp/AWS Ocean Energy 

仏輸送機器・重電大手アルストム(Alstom)と英電力大手SSEの再生可能エネルギー子会社SSEリニューアブルズ(SSE Renewables)は、スコットランド沖・オークニー(Orkney)諸島で波力発電の合弁事業を行う。ペントランド海峡(Pentland Firth)とオークニー海域で世界最大(200メガワット)の波力発電プロジェクト「コスタヘッド(Costa Head)」を共同開発する。

コスタヘッドはオークニー諸島メインランド(Mainland)島の北約5キロに位置する。両社は必要許可を取得した後、ブイ式海洋発電大手AWSオーシャン・エナジー(AWS Ocean Energy)が開発した波力発電装置「AWS-Ⅲ」を当該海域に設置する。環境影響調査などの後、第一段階として約10メガワットを開発、その後、全容量の開発に乗り出す。

波力発電は、世界に広がる分散型エネルギーで約200~300ギガワットの潜在市場を持ち、欧州や北米では人口密集地域に供給可能な再生可能エネルギー源として注目されている。



PR情報

Google Scholar
アルストムと英SSE、世界最大の波力発電プロジェクトを共同開発 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ