海外環境・CSR通信

ABBとRWE、EVの充電インフラ技術を共同開発 RSS

2012年02月11日

ドイツの首都ベルリン(Berlin)に設置されたRWEの充電スタンドで充電する米テスラ・モーターズ(Tesla Motors)の電気自動車「ロードスター(Roadster)」(c)ecool.jp/RWE

スイスの電力機器大手ABBとドイツのエネルギー大手RWEは、電気自動車(EV)用充電インフラ網の複合技術を共同開発する。両社の完全子会社、ABB BVとRWE エフィツィエンツ(Effizienz)との間で覚書(MOU)を締結した。

ABBは直流(DC)充電技術を持ち、一方、RWEは交流(AC)充電インフラや顧客のデータ管理、課金システムなどを提供している。また、これまでにABBは、150基の直流充電器を製造し、RWEは欧州16カ国の1500カ所以上で交流充電スタンドのネットワークを稼動させている。

欧州各国市場で良好な地位を築いている両社は、まず欧州市場での売り上げ拡大を狙い、その後アジア太平洋地域での推進プロジェクトを展開していく予定。


PR情報

Google Scholar
ABBとRWE、EVの充電インフラ技術を共同開発の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ