海外環境・CSR通信

シーメンス、アフリカで初の風力タービン供給契約を獲得 RSS

2012年02月04日

ドイツの工業コングロマリット、シーメンスのエネルギー部門を担うシーメンス・エナジー(Siemens Energy)は、モロッコの複合企業ONAグループの子会社、ナレバ•ホールディング(Nareva Holding)からアフリカの風力発電市場で初となる100メガワットの風力タービン供給契約を獲得した。「Haouma」と「Foum El Oued」の2カ所の風力発電所向けに、合計44基の風力タービンを供給する。

Haouma風力発電所はモロッコ北部、タンジェ(Tangier)の東約30キロ、地中海沿岸南部6キロに建設される。Foum El Oued風力発電所はモロッコ南部のラユーン(Laayoune)港の南東約9キロ、モロッコ国内でも最も風の強い地域に建設される。いずれも出力は50メガワットで、2.3メガワットの風力タービン22基がそれぞれ設置される。契約には、風力タービンの設置、試運転の他、5年間の保守管理サービスが含まれる。両発電所とも運転開始予定は2013年夏頃。

アフリカは風力発電の新興市場で、モロッコは現在、設置容量でアフリカ第2位。世界風力エネルギー協会(Global Wind Energy Council、GWEC)によると、モロッコでは再生可能エネルギー発電において風力が最も有望な分野の1つになるという。


PR情報

Google Scholar
シーメンス、アフリカで初の風力タービン供給契約を獲得の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ