海外環境・CSR通信

シーメンス、サウジで複合サイクル発電設備 10億ドルで受注 RSS

2012年02月08日

ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせたコンバインドサイクル発電化を計画しているクラヤ(Qurayyah)火力発電所(2009年7月21日撮影)。(c)ecool.jp/Arabian Bemco

ドイツの工業コングロマリット、シーメンスのエネルギー部門を担うシーメンス・エナジー(Siemens Energy)は、韓国の建設大手サムスンC&T(Samsung C&T)からサウジアラビアのクラヤ(Qurayyah)複合発電所向け主要機器の供給契約を獲得した。受注額は10億ドル。同発電所の設備容量は4ギガワットで、世界最大規模の複合サイクル発電所のひとつとなる。

シーメンスの供給範囲には12基のガスタービン、18基の発電機、6基の蒸気タービンと関連する電気系統システムが含まれる。また、発電所の主要設備の長期間にわたる保守管理サービスを提供する。

クラヤ発電所はサウジアラビア東部アル・ハサン(Al-Hassa)の南西部に位置し、運営はサウジアラビアの電力会社SEC(Saudi Electricity Company)、ACWAパワーおよびサムスンC&Tが出資する独立系発電事業者(IPP)のHajr Project Companyが行う。稼動開始予定は2014年。



PR情報

Google Scholar
シーメンス、サウジで複合サイクル発電設備 10億ドルで受注の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ