海外環境・CSR通信

ヴェオリア、広島・京都・松山で水処理プラントの運用保守契約を獲得 RSS

2012年02月18日

世界最大手の水道事業会社、仏ヴェオリア・ウォーター(Veolia Water)傘下のヴェオリア・ウォーター・ジャパンは、広島、京都、松山で水処理プラントの運用保守契約を獲得した。広島で4年間、京都で3年間の廃水処理契約を更新し、松山では飲料水向け施設を含む5年間の運用保守契約を獲得した。契約期間中の総収益は4900万ユーロ。

ヴェオリア・ウォーターは、広島で2006年から約65万人に、京都で2009年から約5万人に水処理サービスを供給している。また、松山では、同社としては初の日本国内での飲料水供給契約となり、約51万人に飲料水を供給する。契約は2012年の第2・四半期に開始予定。



PR情報

Google Scholar
ヴェオリア、広島・京都・松山で水処理プラントの運用保守契約を獲得の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ