海外環境・CSR通信

スズロン、中国で800MW規模の風力発電所を共同開発 RSS

2012年04月01日

中国山東省の威海(Weihai)にあるスズロン製の風力タービン40基が設置された風力発電所(c)ecool.jp/Suzlon Energy

インドの風力タービン製造最大手スズロン(Suzlon)は、中国の原子力発電大手、中国広東核電集団(China Guangdong Nuclear Power Corp、CGNPC)傘下のCGN Wind Energyと今後3年間で国内外の800メガワット規模の風力発電の共同開発に向けた戦略的提携に合意した。提携の金銭条件などは非公開。

CGN Wind Energy は、中国で約3ギガワットの設備容量を持つ風力発電大手。両社は今後、ブラジル、南アフリカ、インド、中国などに作業チームを設置し実現可能な発電プロジェクトの調査を実施する。



PR情報

Google Scholar
スズロン、中国で800MW規模の風力発電所を共同開発の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ