海外環境・CSR通信

アクシオナ、南アフリカで209MWの再生可能エネルギープロジェクトを開発  RSS

2012年05月25日

スペインのインフラ系コングロマリット、アクシオナ(Acciona)傘下で再生エネルギー事業を手掛けるアクシオナ・エナジー(Acciona Energy)と、南アフリカのインフラ開発企業アベング(Aveng)は、南アフリカで計209メガワットの再生可能エネルギープロジェクトを開発する。

西ケープ州ドレーケンスタイン(Drakenstein)に出力135メガワットの「グーダ(Gouda)」風力発電所を建設する。風力タービンには、アクシオナ製の3メガワット級風力タービン46基を使用。2013年に建設を開始し、2014年の完成を目指す。

また、北ケープ州ディベン(Dibeng)に出力74メガワットの「シシェン(Sishen)」太陽光発電所を建設する。2013年に着工し、20114年半ばに完成する予定。両発電所は完成後、アクシオナとアベングが運用する。両プロジェクトは、アクシオナが51% 、アベングが29%を所有し、20%を南アフリカのNPOなどが所有する。

南アフリカは2030年までに再生可能エネルギー容量を総発電量の30%となる17ギガワットを拡張する長期的戦略を掲げており、その一環として、2013年末までに3726メガワットのクリーンエネルギープロジェクトを開始する計画だ。



PR情報

Google Scholar
アクシオナ、南アフリカで209MWの再生可能エネルギープロジェクトを開発 の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ