海外環境・CSR通信

アクシオナ、インドで56MWの風力発電所を運転開始 RSS

2012年06月02日

スペインのインフラ系コングロマリット、アクシオナ(Acciona)傘下で再生エネルギー事業を手掛けるアクシオナ・エナジー(Acciona Energy)は、インド南部カルナタカ(Karnataka)州で、出力56.1メガワットのTuppadahalli風力発電所の運転を開始した。

Tuppadahalli風力発電所には、34基の1.65メガワット風力タービンが設置された。約3万5000世帯の電力需要に相当する電力を発電し、年間12万9000トンの二酸化炭素(CO2)排出を削減することができる。発電した電力は州の電力会社MESCOMに売電する。

アクシオナは同州で、2007年に13.2メガワットのArasinagundi風力発電所を、2008年に16.5メガワットのAnabaru風力発電所の運用を始めている。インドの風力発電の累積総容量は2011年末時点で、世界第5位の1万6000メガワット以上になっており、2015年には3万5000メガワットに達すると予測されている。


PR情報

Google Scholar
アクシオナ、インドで56MWの風力発電所を運転開始の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ