海外環境・CSR通信

米GE、ミシガン州の風力発電所に風力タービン137基を供給 RSS

2012年06月09日

米複合企業ゼネラル・エレクトリック(General Electric、GE)は、エネルギー関連事業を手掛けるDTEエナジー(DTE Energy)のミシガン州の4つの風力発電プロジェクトに風力タービン137基を供給する。合計220メガワットのプロジェクトは、2015年までに電力の10%を再生可能エネルギー源で生産することを義務づける州の再生可能エネルギー使用基準(RPS)を支援する。

シーゲル(Sigel)、ミンデン(Minden)、マッキンリー(McKinley)、チャンドラー・タウンシップ(Chandler Township)の風力発電プロジェクトに、出力1.6メガワットの風力タービンを供給する。DTEエナジーの投資総額は5億ドル。

昨年導入されたGEの1.6メガワット風力タービンは、このクラスでは世界で最も効率的な風力タービンで、30階建ての建物に匹敵する高さ96メートルのタワーを擁し、低風速の場所で風力エネルギーを捕らえることができる。

デトロイトに拠点を置くDTEエナジーは、州全体でエネルギー関連ビジネス、サービスの開発と管理を行っており、子会社にミシガン州南東部の200万以上の顧客に電力を供給するデトロイト・エディソン(Detroit Edison)と120万の顧客に天然ガスを供給するミシガンコンソリデーテッドガス(Michigan Consolidated Gas 、MichCon)がある。


PR情報

Google Scholar
米GE、ミシガン州の風力発電所に風力タービン137基を供給の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ