海外環境・CSR通信

イベルドローラ、ドイツで400MWの洋上風力発電「Wikinger」を開発 RSS

2012年06月17日

ドイツ北東部リューゲン( Rugen)島沖約30キロにある洋上風力発電プロジェクト「バイキング(Wikinger)」の建設予定地(c)Google Maps

スペインの電力大手イベルドローラ(Iberdrola)は、ドイツで400メガワットの洋上風力発電プロジェクト「バイキング(Wikinger)」の作業に着手した。ドイツ銀行グループ(Deutsche Erneuerbare Energien)などの合弁会社から同プロジェクトの開発権を取得。2014年初頭にすべての建設許可を取得し終える計画で、2015年に建設を開始し、2016年の稼働を目指す。

プロジェクトはドイツ北東部のバルト海に浮かぶリューゲン( Rugen)島の沖合い約30キロに位置し、バルト海の34平方キロの地域をカバーする。最大80基の風力タービンの開発、建設を行い、約35万世帯の電力を賄う。完成すれば世界最大の洋上風力発電プロジェクトのひとつになる。

イベルドローラは、英国とフランスを含む欧州全域で合計11ギガワットの洋上風力発電を計画している。中でもドイツは、英国やフランスと並び、同社の洋上風力発電ビジネスの拡大にとって重要な市場となっている。


PR情報

Google Scholar
イベルドローラ、ドイツで400MWの洋上風力発電「Wikinger」を開発の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ