海外環境・CSR通信

米GE、ブラジルでの風力タービンの導入を2年間で倍増 RSS

2012年09月02日

米複合企業ゼネラル・エレクトリック(General Electric、GE)は、ブラジルにおける風力タービンの導入を2年間で倍増する。GEがこれまでブラジルに設置した風力タービンは300基で、今後2年間で600基以上を導入する計画。

GEはブラジルの気候に合わせ、1.85-82.5型風力タービンを開発。強風によって効率よく発電し、発電所当たりの風力タービンの必要数を減らすことで、コスト効率を上げることができる。また、ブラジルでの事業拡張に伴い、150万ドルを投じてリオグランデ・ド・ノルテ(Rio Grande do Norte)とバイーア(Bahia)の2カ所に、サービスセンターを2014年までに開設する。

世界風力エネルギー協会(Global Wind Energy Council、GWEC)の発表によると、ブラジル国内で2011年に風力発電容量が583メガワット追加され、その結果総設備容量は63%上昇し、1500メガワット以上となった。



PR情報

Google Scholar
米GE、ブラジルでの風力タービンの導入を2年間で倍増の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ