海外環境・CSR通信

サファイア・エナジー、藻類バイオマスプラントの一部稼動を開始 RSS

2012年09月04日

「緑の原油」(green crude)と呼ばれる藻類バイオ燃料の生産を手掛けるサファイア・エナジー(Sapphire Energy)は、ニューメキシコ州南部ルナ(Luna)郡で建設中だった藻類バイオマスプラントの一部稼動を開始した。サファイア・エナジーのバイオ燃料は、ディーゼル燃料やジェット燃料・ガソリンなどに精製できる油を藻類から抽出するもので、既存の化石燃料インフラで利用が可能だ。

第一段階として、100エーカーの培養池と共に収穫・抽出などの必要設備を設置し、6月に初回生産を終えた。1.1エーカーの池48のうち半数と、2.2エーカーの池20のうち1つが生産中。今後生産量を拡大する計画で、2014年末までに300エーカーのプラントで年間150万ガロン、1日あたり100バレルのバイオ燃料の生産が可能になるという。また、同社が以前に発表した目標によると、2018年までに年間で1億ガロンの生産目標を掲げている。

同プロジェクトは、エネルギー省(DOE)、米マイクロソフト創業者ビル・ゲイツ氏、米バイオ化学大手モンサント(Monsanto)社などからの融資を受けている。4月にはプラント拡張のため投資家から1億4400万ドルを調達しており、これまでに3億ドル以上の資金を確保している。



PR情報

Google Scholar
サファイア・エナジー、藻類バイオマスプラントの一部稼動を開始の関連ニュース
海外CSR・環境通信カテゴリ別一覧
海外CSR・環境通信月別一覧
バックナンバー

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ