環境メディア訪問

楠 裕美子:ディスカバリーチャンネル

ディスカバリーチャンネル

スケールの大きい番組を放送する。それがディスカバリーチャンネルの役割のひとつ。

ディスカバリーチャンネルは世界175カ国、35言語で配信されている世界最大のドキュメンタリー専門チャンネル。「科学とテクノロジー」、「歴史」、「人体」、「冒険・挑戦」、「建築・建造」など10ジャンルの質の高いドキュメンタリーチャンネルとして定評がある。なかでも視聴者が強く関心を寄せるのは環境問題。ビデオリサーチMVP Vol.7が実施した調査によると、"地球の自然環境に強い関心がある"と回答した視聴者は73.3%にのぼった。そんな視聴層を反映してか、昨年ディスカバリーチャンネルが環境専門番組を立ち上げたという。名前はプラネットグリーン。どんな番組内容なのか、さっそく取材に伺った。

久川 桃子:ecomom(エコマム)

ecomom(エコマム)

「事実をしっかり伝えたい。トレンドに流されないエコライフを提案」

家族と自然にやさしい暮らしを提案する雑誌「エコマム」が、ママたちの間で秘かな人気だ。雑誌は、無料。登録をすれば自宅まで届けてくれる、リクエストマガジンというユニークな形態を持つ。「エコマム」を発行する日経BP社と言えば、「日経ビジネス」や「日経WOMAN」で知られる大手出版社。主に経済誌を得意としてきた。そんな日経BP社が、なぜ「エコマム」のようなライフスタイル誌を創刊したのか。リクエストマガジンという形態をとった狙いとは。「エコマム」プロデューサーとして雑誌を取り仕切る、久川桃子さんに話を伺った。

孫 奈美:ecocolo(エココロ)

ecocolo(エココロ)

「都会派女性にこそ、エコライフを広めたい。」

アンジェリーナ・ジョリーや宮崎あおいなど豪華な顔ぶれが表紙を飾るエココロ。「ホリスティック医療ガイド」や「空が教えてくれること」、「ミライをつくる仕事」などユニークな企画でエコライフを提案している。「"エコを感じるココロ"が、雑誌名の由来。」と語る副編集長の孫奈美さんに、エココロの特徴を伺ってきた。

指出一正:月刊ソトコト

月刊ソトコト

「エコはかっこいい!エコを笑顔で語れる世の中へ」

世界初の環境ファッションマガジンとして、1999年に誕生したソトコト。「ロハス」や「スローフード」、「スローライフ」という新しいライフスタイルを日本に定着させ、堅苦しかった環境問題やエコロジーのイメージを一変した。創刊10周年という節目の時を迎える今、ソトコトが見つめる次なるテーマとは。創刊当時の話を交えつつ、ソトコト副編集長の指出一正氏に話を聞いた。

水野雅弘:Green TV Japan (グリーンティービージャパン)

Green TV Japan (グリーンティービージャパン)

「メディアの変革。それが、環境問題を支える鍵となる。」

「Think Globally, Act Locally」。この言葉をコンセプトに、Green TVは2006年イギリスで誕生した。世界初の「環境」を専門としたWebTVメディアである。「環境問題を伝えるのに映像は最も有効な手段の一つであり、且つその映像は全世界へ発信される必要があった。」と、Green TV Japanの代表を務める水野雅弘氏は言う。元テレビプロデューサーである水野氏が語る、これからのメディアの在り方、そして環境との繋がりとは?

森 摂:株式会社 オルタナ

株式会社 オルタナ

「オルタナティブな価値観が、世界を変える」

環境やエコロジーをテーマとしたライフスタイル誌が続々と創刊される中、ビジネスという全く新しい視点でそれらと向き合う雑誌がある。環境と社会貢献と「志」をテーマにしたビジネス情報誌、「オルタナ」がそれだ。もうひとつの、全く新しい、という意味を持つ英語"オルタナティブ"に由来する。そしてこの"オルタナティブ"というキーワードこそ、ビジネスにおける21世紀の新たな価値観だと森編集長は言う。企業は環境や社会に対し、どう向き合うべきか。経済記者として長いキャリアを誇り、オルタナを創刊した森摂氏に話を聞いた。

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ