環境・CSRニュース

日本政府 「太陽光発電の導入拡大のためのアクションプラン」の公表 RSS

2008年11月11日

政府は11日、太陽光発電の導入拡大に向け、アクションプラン(行動計画)を明らかにした。家庭だけでなく、高速道路、駅など公的な施設、公立小中学校への拡大に向けた関係者の取り組みを促進するのが狙い。小中学校が太陽光発電を導入すると、資金協力をした企業が見返りとして温暖化ガス排出枠を得ることも盛り込んだ。


主な内容は以下のとおり



(1) 供給サイド及び需要サイドにおける取組み

低価格・高性能の太陽光発電システムの提供という「供給サイド」の取組みと、家庭・企業・公共施設をはじめとする各分野における太陽光発電システムの導入促進という「需要サイド」の取組みが、互いに相乗効果を発揮しながら進展することを通じた導入量の拡大、機器システムの価格低下、市場の拡大を促す

(2) 制度環境等の整備

「供給サイド」及び「需要サイド」における支援策とともに規制的手法などの制度環境整備の包括的・一体的な具体化が必要不可欠であり、このために、制度環境等の充実を通じた円滑な導入の拡大を図る。

(3) 太陽光関連産業の基盤強化、国際競争力強化、国際展開の支援

太陽光発電の関連産業の裾野の拡大とともに、技術開発、原材料確保等への支援などを通じた産業としての競争力の向上が喫緊の課題であり、太陽電池メーカーをはじめとする
太陽光発電の関連産業が将来の我が国の産業構造における中核的な役割を担い得るよう支援を行う。



PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ