環境・CSRニュース

次世代太陽電池 三洋電機と新日本石油が1000億円投資で新会社設立 2ギガワットの生産を計画 RSS

2009年01月26日

ecool-090126-02.jpg三洋電機と新日本石油は23日、薄膜型と呼ばれる次世代太陽電池における製造技術の開発、製造、販売を手がける合弁会社「三洋ENEOSソーラー」を設立したと発表した。
欧州に続き、米国の「グリーン・ニューディール政策」にみられるとおり、地球温暖化対策として大規模発電所での太陽電池の導入が進むと予測され、両社は今春に三洋電機を子会社化するパナソニックとも連携して急拡大が見込まれる次世代太陽電池における世界のリーディングカンパニーを目指すという。

計画では、2015年度までに1000億円を投じ、年1ギガワットの生産体制を構築し、2020年度には2ギガワット規模の生産・販売体制へ拡大する計画だ。

注目ニュース:イギリス、電気自動車の普及促進「グリーンカー革命」に向けた計画を発表



PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ