環境・CSRニュース

東京電力と山梨県、メガワット級太陽光発電所を建設で合意 再生可能エネルギー導入を加速 RSS

2009年01月28日

ecool-010928-02.jpg東京電力と山梨県は27日、山梨県甲府市米倉山において、出力約1万kWの太陽光発電所を建設するメガソーラー発電計画を共同で進めていくことを発表した。2011年に稼働を始める予定。

今回の計画による出力約1万kWの太陽光発電所から得られる年間の発電電力量は、一般家庭約3400軒分の年間使用電力量に相当する約1200万kWhを見込んでおり、これによるCO2排出量の削減効果は年間約5100tとなる見込み。これは、一般家庭約1000軒分の年間CO2排出量に相当する。

今回の発表で東京電力は、「低炭素社会の実現に向けた非化石エネルギー比率の向上を目的として、今後も、太陽光発電について様々な取り組みを通して普及を支援していくとともに、自治体との共同事業を含め、メガソーラー発電の自社導入を進めていく」としている。

詳細情報:http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu09_j/images/090127a.pdf

注目ニュース:太陽光などの再生可能エネルギー利用促進を目指す初の国際機関、日本は加盟を見送る


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ