環境・CSRニュース

風力発電、米国がドイツを抜き世界一に 発電能力は25ギガワットを超え、世界全体の約21%を占める RSS

2009年02月04日

ecool-090204-06.jpg世界規模での風力発電の普及を目指す国際組織、世界風力エネルギー協会(The Global Wind Energy Council:GWEC)は2日、米国が2008年に風力発電能力を50%増強し、ドイツを抜いて世界一になったと発表した。米国はオバマ大統領のもと、今後3年間で風力や太陽光などの再生可能エネルギーを倍増する方針を打ち出しており、米国の風力発電導入はさらに加速するとみられる。

今回の発表によると、米国の風力発電能力は25ギガワットを超え、世界の風力発電能力の総計121ギガワットの約21%を占めた。また、前年世界一だったドイツの風力発電能力は24ギガワ ット、再生可能エネルギーの発展を促進を進める中国は前年より2倍以上に増強し12ギガワット超となり、米国、ドイツ、中国の3国で世界全体の50%を占める結果となった。

また今回の世界風力エネルギー協会の発表によると、2008年の世界の風力タービンの市場規模は約475億ドルだった。

詳細情報:http://www.gwec.net/

注目ニュース:世界のエネルギー企業ランク、トップはエクソンモービル ロイヤル・ダッチ・シェルが続く


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ