環境・CSRニュース

バイオ燃料の利用義務化へ - フィリピン RSS

2009年03月15日

ecool-090315-01.jpg2009年2月6日、フィリピン政府は「バイオ燃料法」を施行した。石油、石炭の大部分を輸入に頼るフィリピンでは、エネルギー安全保障の観点から太陽光、太陽熱エネルギーやバイオマス、地熱などの活用による再生可能エネルギーの増産に取り組んでいる。バイオ燃料の原料には、ジャトロファ(非食用の落葉低樹)、サトウキビ等のバイオマスを原料とし、バイオエタノール、バイオディーゼルを製造し、自動車、二輪車など、車両エンジンの燃料に使用する。

この「バイオ燃料法」により、フィリピンのすべての石油会社は、バイオエタノールを5%混合したガソリンの販売を義務付けられることになった。更に2011年までに、バイオエタノール10%混合も義務づける計画である。

地球温暖化が重要視される中、京都議定書の締結により先進国をはじめとする各国がCO2排出量に規制が生じている。化石燃料の消費を抑制しCO2排出量を減らすためのプロジェクトとしてバイオ燃料の利用は注目されている。



PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ