環境・CSRニュース

北電 太陽光・風力発電を事業化へ RSS

2009年03月27日

ecool-090327-10.jpg北海道電力は太陽光・風力発電に関する事業を加え、再生可能エネルギーの活用強化に乗り出した。26日には、伊達火力発電所構内に「伊達メガソーラー発電所」(仮称)を建設することを発表した。着工は2011年度、12年度の運転開始を目指す。

太陽光発電の出力は1000キロワット。一般家庭約300軒分の電力を賄う。稼動による二酸化炭素削減効果は年間500トンを見込んでいる。また、2020年度までに5000キロワット程度のメガソーラー発電の導入を計画している。

メガソーラー発電の設計、建設は、グループ会社の北海水力発電が行う。北海水力発電は、今回、新たに太陽光・風力発電に関する事業を加え、北海水力発電をほくでんグループにおける再生可能エネルギーの中心会社と位置付け取り組みを強化を急ぐ。



PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ