環境・CSRニュース

凸版印刷、ギガワット級の次世代太陽電池バックシートの工場を竣工 RSS

2009年04月13日

凸版印刷は13日、次世代機能性フィルムの製造拠点となる新工場を埼玉県深谷市に、4月13日竣工することを発表した。今回竣工する新工場は国内最大級のもので、生産能力は年間2ギガワット以上(太陽電池発電量換算)になるという。

凸版印刷は、今回、完成した新工場第1期工事に続き、2010年に第2期拡張工事の着工を予定している。太陽電池バックシートをはじめとする各種高機能フィルム部材の国内最大級の製造拠点として、幅広い産業用途に向け製品を供給し、事業拡大を狙う。同社は、これらの機能性フィルムの製造・拡販により、2010年度に300億円の売上高を目指す。

太陽電池バックシート
太陽電池は通常、ガラス・太陽電池セル(半導体セル)・バックシートの3層構成になっており、バックシートはセルを保護し、劣化を防ぐことで、発電効率の維持する役割を果たすもの。



PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ