環境・CSRニュース

環境大臣賞が決定/木質バイオマスの全量燃料に関する技術開発 RSS

2009年06月06日

ecool-090606-02.jpg政府は5日、産学官連携功労者表彰の受賞者を発表し、環境大臣賞に、「木質バイオマスを全量燃料にするパイロコーキング技術」を開発した、九州大学の林潤一郎教授とバイオコーク技研の上杉浩之社長が選ばれた。

今回受賞した「木質バイオマスを全量燃料にするパイロコーキング技術」は、バイオマスの熱分解により生成するタールを分解し、バイオマスをタールフリーの燃料ガスと炭化物(バイオコーク)に転換するパイロコーキング技術。バイオコークは、重量の20%以上の水素を発生させる特徴があり、容易に安価で運べる有望な水素源として評価された。表彰式は20日、京都市左京区の国立京都国際会館で行われる。

産学官連携功労者表彰(環境大臣賞)は、地球環境保全、公害の防止、自然環境の保護、環境の保全の視点から、大学、公的研究機関、企業などの産学官連携の推進に貢献をした優れた成功事例を表彰するもので、2008年度から行われている。


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ