環境・CSRニュース

廃棄アルミで水素エネルギー/北陸の産官学で開発 RSS

2009年07月03日

北陸3県(富山、石川、福井)の産・官・学・市民が参加する「北陸グリーンエネルギー研究会」の設立総会が2日、富山大学で開かれた。北陸発のグリーンエネルギー技術について具体的な成果を、今後3年以内に
実現することを目指している。

研究会は、「アルミ系廃棄物を用いた水素エネルギー利用システムの開発」を進めている。これは、家庭や製薬会社、加工食品会社などから出される廃棄物からアルミを分別し、高純度で分離、カートリッジ化することで水素を発生させる装置を開発するというもの。燃料電池への活用でバスや小型車両の動力源としての利用が期待されている。

同システムは、一般廃棄物からアルミを回収・利用する仕組みで、基本的にどの地域・自治体でも展開が可能だという。


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ