環境・CSRニュース

中国、10ギガワット級の風力発電建設/1.6兆円投資 RSS

2009年07月09日

ecool-090709-03.jpg中国の甘露省北西部、酒泉市に総額1200億元(約1兆6000億円)を投じ、世界最大規模1000万キロワット(10ギガワット)級の風力発電基地の建設が始まる。建設着工は7月中旬。

酒泉市の発展改革委員会の副理事長、Wu Shengxue氏は「この風力発電は2020年末までに2000万キロワット(20ギガワット)の容量設備を有する設計となっており、総容量で世界最大の水力発電所「三峡ダム」の1820万キロワット(18.2ギガワット)を凌ぐものとなる。」と言う。

容量設備は最終的に4000万キロワット(40ギガワット)まで達し、このプロジェクトの総費用は1200億元を超えると予測されている。Wu氏は「これは青海チベット鉄道や西部の天然ガスなどに継ぐ、中国の西部開発戦略における画期的なプロジェクトとなるだろう」と述べた。 【松川 聖子】


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ