環境・CSRニュース

三井物、豪州の環境コンサル会社に資本参加/再生エネ事業を強化 RSS

2009年08月24日

三井物産は24日、オーストラリアで環境・エネルギーコンサルティング事業を手掛けるペレニア社(シドニー)に資本参加すると発表した。出資比率は33.3%(出資金:約4.4億円)で、排出権取引制度の導入で今後拡大が見込まれる豪州の環境マーケットに取り組む。

豪州政府は、企業へのCO2排出規制や排出量報告制度をともなう炭素汚染削減制度(CPRS)を今年中に導入を予定しており、ペレニア社は、カーボン・フットプリント診断やCO2排出削減事業の提案、海外排出権の販売などを展開することになる。

また三井物産とペレニア社は、豪州国内だけでなく、アジア・南米・アフリカなど世界市場における再生可能エネルギーや温室効果ガス排出削減プロジェクト(CDM)の推進・排出権販売事業を目指しており、再生可能エネルギー事業そのものへ参画する機会を探っている。


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ