環境・CSRニュース

佐川急便、宅配便集配用トラックに再生タイヤ導入 RSS

2009年09月17日

ecool-090917-005.jpg佐川急便は17日、集配で使用するトラックへ再生タイヤ(リトレッドタイヤ)を導入すると発表した。再生タイヤの導入により、新品タイヤに比べ製造に必要な石油を約68%削減する。

再生タイヤとは、摩耗したタイヤを選別・加工し新品同様に蘇らせたタイヤのこと。再生タイヤは、回収したタイヤを選別し、加工可能なものについてはトレッド(接地部分)を機械で削り、その部分に新たなトレッドを張り合わせることにより、新品並みの制動伝達能力を確保している。

9月21日より関東圏内を皮切りに、宅配便集配用トラックへの導入を開始し、2010年3月21日からは全国の2トントラック、1万5000台へ順次導入を行う。


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ