環境・CSRニュース

三洋電機、変換効率最高レベルの超薄型太陽電池を開発 RSS

2009年09月18日

ecool-090918-009.jpg三洋電機は18日、薄膜とシリコンを組み合わせたHIT太陽電池で、業界最高レベルのセル変換効率22.8%を維持しながら、セルの厚みを従来の約半分にする技術を研究開発ベースで実現したと発表した。これにより、低コストや省資源化につながるとしている。シリコンは太陽電池の基幹部材で、電池の製造コストの半分を占める。

HIT太陽電池は、三洋電機が開発した独自構造の太陽電池セルで、結晶シリコン基板とアモルファスシリコン薄膜を用いて形成したハイブリッド型。同社は今年5月、HIT太陽電池で、100平方センチ以上の実用サイズの結晶シリコン系太陽電池セルの変換効率としては世界最高となる23.0%を達成していた。

今回、従来の太陽電池の半分以下のセルの厚み、98ミクロン(ミクロンは1000分の1ミリ)の超薄型HIT太陽電池で、世界最高レベルの変換効率22.8%を達成した。





PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ