環境・CSRニュース

昭和シェル、CIS太陽電池の工場建設で1000億円を投資 RSS

2009年09月07日

ecool-090907-009.jpg昭和シェル石油と子会社の昭和シェルソーラーは7日、2011年の稼働開始を目指し、CIS太陽電池の第3工場を宮崎県に建設すると発表した。投資金額は約1000億円。工場の生産規模は年間900メガワットで、現在稼働している第1および第2工場と合わせると、年間およそ1ギガワット(1000メガワット)の生産能力を持つことになる。

同社が生産を進めるCIS太陽電池は、Copper(銅)Indium(インジウム)Selenium(セレン)を主成分とし、シリコンを使用しない次世代型の太陽電池。今後シェアが拡大すると予測されている薄膜系太陽電池の中でも、最も将来性のある技術と言われている。

昭和シェルは、日産との電気自動車(EV)用の急速充電システムの共同開発やサウジでの次世代型の太陽光発電事業に参画するなど、急速に拡大する薄膜太陽電池市場で優位性を確保したい考えだ。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ