環境・CSRニュース

住商と九電など、中国・内蒙古自治区の風力発電が本格稼働 RSS

2009年09月24日

ecool-090924-007.jpg住友商事は24日、中国住友商事、九州電力の子会社のキューデン・インターナショナル、中国大唐集団公司と進める中国・内蒙古自治区における風力発電プロジェクトが本格商業運転を開始したと発表した。事業期間は25年間。草原地帯に容量2000キロワットの風車25基を設置、年間発電量は約1億3000万キロワット時になる。

発電された電力は、中国再生可能エネルギー法に基づいて、全量を中国の国有送電会社の東北電網有限公司に販売する。また、CDM事業として年間15万トンのCO2排出量削減効果が見込まれている。

同事業は、中国における初の日中共同風力発電事業になる。






PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ