環境・CSRニュース

東芝傘下のウェスチングハウス、英国の原子燃料事業獲得へ交渉開始 RSS

2009年09月10日

東芝は10日、グループ傘下の米原子力プラント大手、ウェスチングハウス社(WEC)が英国の原子力廃止措置機構(NDA)から燃料事業を譲り受けるための交渉を開始したと発表した。WECでは、今回の交渉を成立させ、フロントエンド事業の強化につなげたい考えだ。

ウェスチングハウス社はこれまで、NDAとマネジメント契約を結び、同社の燃料事業などを手がける傘下企業スプリングフィールズ社(SFL)のサイトの運営管理をしてきた。今回の交渉が成立すれば、WECはSFLをNDAから獲得する形になるが、不動産や設備については、NDAが引き続き保有し、WECが長期リース契約で借り受けることになる。



PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ