環境・CSRニュース

日本の気候変動による影響、被害額は年17兆円-気象庁など公表 RSS

2009年10月13日

文部科学省、環境省、気象庁は9日、日本を対象とした温暖化の観測・予測・影響評価に関する報告書を公表した。日本の平均気温は1898年以降100年あたり約1.1度の割合で上昇しており、全世界で追加的な対策をとらない場合、21世紀末までの日本の平均気温の上昇は、世界平均の予測値を0.3~0.6度上回ると予測。洪水、土砂災害、砂浜の喪失、高潮被害、熱ストレスによる死亡リスクは増大し、被害額は年あたり約17兆円と試算している。

一方、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出の大幅な削減により、産業革命時から21世紀末までの気温上昇を約2度に抑えた場合、被害は相当程度に減少すると見込まれるが、一定の被害が生じることは避けられず、温室効果ガス排出削減と併せて、適応策の実施が不可欠だとしている。






PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ