環境・CSRニュース

新丸ビル、すべての使用電力を自然エネルギーに切り替え RSS

2009年12月09日

e_1209_008.jpg三菱地所と出光興産は9日、三菱地所所有の「新丸の内ビルディング」で使うすべての電気を、出光が供給する風力や太陽光などの自然エネルギー(再生可能エネルギー)でつくった電気で賄う契約を締結したと発表した。これにより、新丸ビルの二酸化炭素(CO2)の排出量削減効果は年間約2万トンになる。

出光は、青森県内の風力発電所などによって発電したグリーン電力を、電力会社が保有している送配電網を使って、発電所から直接、新丸ビルに供給する。再生可能エネルギー100%の「グリーン電力」を直接需要地が受電する取り組みは国内初。

東京都では、2010年4月より地球温暖化対策の一環として、大規模なビルや工場などにCO2排出量の削減義務を課す「キャップ&トレード制度」を全国で始めて導入することが決定しており、新丸ビルは、今回のグリーン電力の活用により、CO2排出量を現在の3分の1程度にまで減らすことが可能となり、東京都の規制を守れる見通し。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ