環境・CSRニュース

東電と川崎市、メガソーラー発電計画で協定締結 RSS

2009年12月03日

e_1203_008.jpg東京電力と川崎市は3日、川崎市の浮島と扇島で建設予定の合計出力約20メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー発電所)の発電計画に関する基本協定を締結した。川崎市は、太陽光発電所の一部土地の提供と太陽光発電の普及啓発活動を実施、東電は、太陽光発電所の建設・運転を担うことになる。同計画の運営期間は、発電所が稼動する2011年からの18年間。

浮島、扇島の両発電所の年間の発電電力量は、一般家庭約5900世帯分の年間使用電力量に相当し、二酸化炭素(CO2)の排出削減効果は年間約8900トンに上るとしている。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ