環境・CSRニュース

デンソー、リチウムイオン電池の電池監視ユニットを開発 RSS

2010年01月12日

e_0112_005_s_s.jpgデンソーは12日、ハイブリッド車や電気自動車などの次世代自動車向けリチウムイオン電池用の電池監視ユニットを開発したと発表した。今回開発した電池監視ユニットは、トヨタが2009年末から、市場導入した家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)型の「プリウス」に搭載されている。電池監視ユニットは、高電圧のリチウムイオン電池を効率的に使用するために、電池の電圧、電流、温度などを検出するもの。

従来のリチウムイオン電池の電圧制御方式は、セル単位で検出した電圧のアナログデータをデジタルデータに変換し、演算回路によって電圧が高いと判定したセルを放電させる。今回、デンソーが新たに開発した電圧制御方式は、全セルの平均電圧を検出し、平均電圧と比べて電圧が高いセルを判定し放電させることができる。この方式により、従来と同等の性能を実現しながら、高機能なアナログ/デジタル変換回路や演算回路が不要な簡素な構成と低コスト化を実現した。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ