環境・CSRニュース

東電と豊田通商、風力発電ユーラスエナジーに250億円増資 RSS

2010年01月29日

e_0129_001_s.jpg
東京電力と豊田通商は28日、両社の合弁会社で国内最大の風力発電事業者、ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区)が2月15日に予定している250億円の株主割当増資を引き受けると発表した。これによりユーラスエナジーの資本金と資本準備金の総額は約400億円になる。

ユーラスエナジーは同日、今後5年間で、大型原子力発電所1基分に相当する総計100万キロワット分の自然エネルギー発電所を新設する方針を発表。

ユーラスエナジーは増資資金により、財務基盤の強化を進め、欧米を中心に風力発電や太陽光発電などの再生可能エネルギーによる発電事業の拡大と収益性の向上を図る。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ