環境・CSRニュース

京セラ、九電メガソーラー向けに太陽電池3メガワット分を供給 RSS

2010年01月26日

e_0126_001_s.jpg
京セラは26日、九州電力が2010年11月より運転開始予定の「メガソーラー大牟田発電所」へ、西日本プラント工業(福岡市)が納入する太陽電池パネル3メガワット分を供給すると発表した。太陽電池パネルは4月から順次設置される予定。

完成すれば、九州最大級となる同発電所の発電電力量は、一般家庭約2200世帯分の年間使用電力量に相当し、年間で約1200トン分の二酸化炭素(CO2)を削減できる見込み。

京セラは、中部国際空港セントレア(240キロワット)や100箇所以上のイオンのショッピングセンター(設置合計約8.7メガワット)など、国内の公共・産業施設において数多くの太陽電池パネルの設置導入実績を有しており、累積設置容量シェアは国内トップになる。

メガソーラーにおいては、2005年に東京都水道局朝霞浄水場(埼玉県)の1.2メガワットの太陽光発電システム向けに太陽電池パネルを納入したほか、海外においても2009年末までにスペイン国内3箇所の太陽光発電所向けに、合計53.1メガワット分の太陽電池パネルを供給している。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ