環境・CSRニュース

東芝、沖電から太陽光発電システムなど「マイクログリッドシステム」を一括受注 RSS

2010年01月18日

e_0118_005_s.jpg東芝は18日、沖縄電力から宮古島で2010年秋から実証実験を開始する小規模次世代送電網「マイクログリッドシステム」を一括受注したと発表した。

東芝が沖縄電力から受注したのは、経済産業省が公募した「平成21年度離島独立型系統新エネルギー導入実証事業」に採択されたもので、出力変動が大きい太陽光発電などの再生可能エネルギーを大量導入して連系した場合の電力系統へ与える影響を把握し系統安定化対策に関する検証を行うもの。

基本設計を含むエンジニアリング全般、監視制御システム・蓄電池などの主要機器の納入、太陽光発電システムの建設を含めたプロジェクト全体を一括受注しており、受注額は数十億円規模。太陽光発電の出力は4メガワット。シャープ製の太陽電池パネルが採用される予定だ。

東芝は、太陽光発電や風力発電などの分散した電力を効率よく運用するために必要となるマイクログリッドやスマートグリッドの市場規模の拡大に対応するため、昨年10月にスマートグリッド事業の専任組織を設立。国内外で受注拡大を図り、2015年度には売上高1000億円を目指している。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ