環境・CSRニュース

新日鉄、間伐材を石炭火力発電に利用/年間5000トン規模 RSS

2010年01月05日

e_0105_008.jpg新日本製鉄は4日、岩手県釜石市が実施する「緑のシステム創造事業」で、伐採後に利用されずに放置される間伐材などの「林地残材」を、同社釜石製鉄所の石炭火力発電所で利用すると発表した。年間5000トン程度の林地残材を利用する計画で、火力発電所で石炭と混ぜて燃やすことで、輸入化石燃料である石炭使用量の削減と温室効果ガスの削減を図る。これにより年間7000トン程度の二酸化炭素(CO2)削減効果を見込んでいる。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ