環境・CSRニュース

太陽光発電とリチウムイオン電池を搭載した「ハイブリッド自動車船」開発へ/三洋電機など RSS

2010年01月14日

100114-1-01_s_s.jpg三洋電機は14日、商船三井、三菱重工業と共同で、太陽光発電システムなどを搭載した「ハイブリッド自動車船」の研究開発を行うと発表した。この研究開発は、国土交通省の二酸化炭素(CO2)削減技術の開発を対象とした補助制度にも選ばれており、開発費用の3分の1が補助される。ハイブリッド自動車船の竣工予定は2012年。

開発中の自動車船には、太陽光発電システムとリチウムイオン電池を組み合わせたハイブリッド型の電力供給システムを搭載。航行中に太陽光発電システムで発電された電気をリチウムイオン電池に蓄え、停泊中の電力として使用する。これにより、停泊中は、太陽光発電による電力のみを使うことで、停泊中のゼロエミッション(CO2排出ゼロ)を目指す。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ