環境・CSRニュース

中部電力、台湾の火力発電所から設計支援コンサル業務を受注 RSS

2010年05月26日

大林石炭火力発電所1、2号機の建設予定地。運転開始は1号機2016年、2号機2017年。

中部電力は26日、台湾のコンサルティング会社と共同で、台湾最大の電力会社である台湾電力公司(台電)発注の大林石炭火力発電所1、2号機建設工事に関する設計支援コンサルティング業務を落札したと発表した。大林石炭火力発電所の基本設計と発電所建設に関わる技術支援を担当する。

2001年から台湾の変電所、送電線の設計支援コンサルティング事業を手がける中部電力は、海外でのコンサルティング事業を海外エネルギー事業の柱の一つと位置づけており、今後も国内外で発注が見込まれる送変電設備や火力発電所の建設案件の獲得を目指す考えだ。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ