環境・CSRニュース

住商と富士電機、世界最大の地熱発電設備の建設を完了 RSS

2010年05月17日

ニュージーランドの北島・ロトカワ地区に設置された地熱発電プラント(ヌアワプルア地熱発電所)。1基としては140MWと世界最大出力になる。

住友商事と富士電機システムズは17日、ニュージーランドの北島・ロトカワ地区に、1基としては世界最大出力、140メガワットの地熱発電プラント(ヌアワプルア地熱発電所)を納入し、5月15日に開所式を行ったと発表した。

同地熱発電プラントは、住友商事と富士電機システムズが共同で2008年3月にニュージーランド国営電力会社、マイティ・リバー・パワー社から受注したもので、商業運転は4月4日から開始している。

地熱発電は、発電時に二酸化炭素(CO2)をほとんど排出せず、天候や気象条件に左右されることなく安定的に利用できる自然エネルギーとして注目されている。両社は、今後も地熱資源を持つ国で需要が見込まれる地熱発電プラントの開発事業の拡大を図る方針だ。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ