環境・CSRニュース

東京電力、米国の原子力発電事業に120億円出資 RSS

2010年05月10日

出力135万キロワット級の改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)2基を増設するサウステキサスプロジェクト原子力発電所の概観

東京電力は10日、米国で原子力発電所の増設プロジェクトに出資参画すると発表した。プロジェクトの開発会社、米ニュークリア・イノベーション・ノースアメリカ(NINA)が米テキサス州マタゴルダ郡で稼動を行うサウステキサスプロジェクト原子力発電所3・4号機の増設プロジェクトに、1億2500万ドル(約120億円)出資し、9.2375%の権益を取得する。

東電は、さらに10%分の権益を取得する権利を1年後をめどに3000万ドル(約28億円)で取得する。改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)2基を増設する同プロジェクトの営業運転開始は、2016年~2017年を予定している。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ