環境・CSRニュース

東芝、東北電のメガソーラー「八戸太陽光発電所」の発電システムを一括受注 RSS

2010年09月27日

青森県八戸市にある東北電力の八戸火力発電所構内に設置予定の「 八戸太陽光発電所」。推定発電電力量は約160万kWh。二酸化炭素の排出削減量は年間約800トンになる。

東芝は27日、東北電力から出力1.5メガワットのメガソーラー発電プラント「八戸太陽光発電所」の発電システムを受注したと発表した。「八戸太陽光発電所」は、東北電力初の事業用メガソーラーで、2011年度の運転開始が予定されている。

東芝は、基本設計を含むエンジニアリング全般、主要機器の納入、プラントの建設を含めたプロジェクト全体を一括受注。プラントには、東芝グループで開発した直交変換効率98.1%の500キロワットのパワーコンディショナを初めてメガソーラー用に納入するほか、京セラ製の高効率多結晶太陽電池モジュールを1メガワット、カネカ製の薄膜系太陽電池モジュールを250キロワット、ソーラーフロンティア製の薄膜化合物系太陽電池モジュールを250キロワット採用する予定だ。

東芝が電力事業用メガソーラー発電プラントを受注するのは、昨年受注した中部電力「メガソーラーたけとよ」、東京電力「浮島太陽光発電所」、沖縄電力「宮古島メガソーラー実証研究設備」に続いて4件目になる。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ