環境・CSRニュース

東芝、北陸電力のメガソーラー「志賀太陽光発電所」を一括受注 RSS

2010年10月27日

志賀太陽光発電所のイメージ図/発電出力は1メガワットで推定発電電力量は約100万キロワット時。稼動による二酸化炭素の削減効果は年間約300トン。

東芝は27日、北陸電力と出力1メガワットの大規模太陽光発電所(メガソーラー)「志賀太陽光発電所(石川県羽咋郡志賀町)」の建設に関する契約を締結したと発表した。11月中に着工し、来年2月の運転開始を目指す。

東芝は、基本設計を含むエンジニアリング全般、主要機器の納入、プラントの建設を含めたプロジェクト全体を一括で受注。プラントには、グループで開発した変換効率97.5%を持つ250キロワットのパワーコンディショナと京セラ製の太陽電池モジュールが納入される予定。

東芝の電気事業用メガソーラー発電プラントの受注は今回で7件目。現在発注されている国内の電気事業用メガソーラー発電プラント数の約半分のシェアを占める。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ