環境・CSRニュース

日本、ボリビアでリチウム抽出実験の参加権利を獲得 RSS

2010年11月10日

左からピメンテル鉱業冶金大臣、ミランダCOMIBOL総裁、JOGMEC河野理事長、渡邉在ボリビア大使

独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は10日、南米ボリビアとの間でリチウム資源の産業化に向けた研究開発や事業化協力を進めることで合意したと発表した。日本側には、住友商事、三菱商事も参加。ボリビア側がウユニ(Uyuni)塩湖周辺に建設中の研究施設を拠点に試験機材を導入、技術者も派遣し作業を進める。

レアメタル(希少金属)のリチウムは、電気自動車の蓄電池の原材料として需要の急拡大が見込まれ、韓国や中国などとの間で開発権の獲得競争を繰り広げている。ウユニ塩湖は、世界のリチウム埋蔵量の半分を占めるとされ、日本側は今回の合意を足掛かりにボリビアでの権益確保を目指す方針だ。




PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ