環境・CSRニュース

双日、ドイツでメガソーラー事業を本格化 24メガワットの発電所を稼動 RSS

2011年10月24日

ドイツの首都ベルリンから南東約100キロ、80ヘクタールの土地に完成した出力24メガワットの太陽光発電所「ソーラーパーク・ミックドルフ(Solarpark Mixdorf)」(c)ecool.jp

双日は24日、ドイツ北東部ミックドルフでメガソーラー(大規模太陽光発電所)の卸電力(IPP)事業を開始すると発表した。総事業費は約63億円。出力は24メガワットで、ドイツ最大クラスのメガソーラー事業になる。

ドイツの首都ベルリンから南東約100キロにある80ヘクタールの土地に、太陽光パネル 約10万枚を敷き詰めた太陽光発電所「ミックドルフ」を設立した。発電所は、2011年7月末に完工し、同月より稼働を開始している。発電した電力は、地元ので電力会社に1キロワット時あたり24.2円で20年間にわたり売電される。


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ