環境・CSRニュース

東芝、沖縄宮古島市で全島エネルギーマネジメントシステム構築 RSS

2011年10月27日

東芝は27日、「宮古島市全島エネルギーマネジメントシステム(EMS)実証事業」と「宮古島市来間島再生可能エネルギー100%自活実証事業」の委託事業者として採択され、宮古島市と委託契約を締結したと発表した。事業期間は2011年度から2014年度までの4年間。

沖縄県が実施する「スマートエネルギーアイランド基盤構築事業」の一環で、東芝は、宮古島市全島のエネルギー消費を管理・制御するシステムの開発と、来間島内の消費電力を再生可能エネルギーにより100%地産地消するシステムの開発を行う。

東芝は、エネルギーの効率的な利用を目指すスマートコミュニティー(環境配慮型都市)事業を注力事業と位置づけており、横浜市やイタリア・ジェノバ市、フランス・リヨン市などで実証プロジェクトに参加している。2015年度には同事業の売上高を、現在の約3000億円から9000億円規模に引き上げたい考えだ。


PR情報

Google Scholar
関連ニュース
カテゴリ別一覧
月別一覧

PAGE TOP

       
広告
写真で見るニュース
ecoolで商品・サービスをPRする
ecoolでは、環境関連の商品やサービスをもっとPRしたい、インターネットをビジネスに活用したい、商談のチャンスを増やしたい企業様の商品やサービス情報、プレスリリースを無料で掲載できます。
環境関連商品・サービスを探す
注目のキーワード
環境・CSR資料 無料ダウンロード
企業データ
  • 業種別
  • 企業規模別
  • 上場市場別
お知らせ